MENU

デリケートゾーンの黒ずみ…。 皮膚科に行く? 自宅でケアする?

デリケートゾーンの黒ずみを治したい!皮膚科に行く勇気がでない?

身体の健康や状態についての悩みを気軽にお医者様に相談できるなら、悩むこともありませんから、ネットを検索して、このページにたどり着くこともないのでしょうね。
そうです、なぜ、あなたがこのページを読んでいるのかといえば、それはひとえに「人に言えない悩み」の一つでありうる、「デリケートゾーンの黒ずみ」について心を痛めておられるからではないでしょうか?
でも、どうか安心してください、あなたと同じ悩みを持つ人は、あなたが想像しているよりも遥かに多くいらしゃいます。というのも、ある調査によれば、既婚・未婚に関わらず、成人女性の7割以上がデリケートゾーンに色素沈着が起こり始めたことを悩みの一つだと考えているという結果が出ているからです。
さらにこの結果を掘り下げてみると、残り三割の人たちは、デリケートゾーンの色素沈着を悩みであるとは考えていない人たちである可能性はありますが、体のどこにも色素沈着ができていない人たちだとは言えないからです。それほどに、もともとメラニンを発生させる機能が体に備わっている有色人種である以上は、年齢とともに身体のどこかに色素沈着が発生することを避けることはできません。
とはいえ、顔や手足にできてしまった色素沈着を取り除くために皮膚科を訪れることはできても、デリケートゾーンにできてしまった色素沈着を取り除くために皮膚科を訪れる勇気がでない人もいます。

 

皮膚科に相談するメリットと自宅でケアをするメリットを比較する!

身体についての心配事のことですから、皮膚科などの専門医に行って相談し、医師の指導もとでケアをすることはとても良いことです。これは全く疑いのないことです。でも、実は以下のデメリットも考えられます。ということで、以下の表で「皮膚科に行く」場合と「自宅でケア」する場合のメリットとデメリットを確認してみましょう。

 

デリケートゾーンのケアについて、メリットとデメリットを比較してみました!

<th>
皮膚科に行く 自宅でケアする
メリット
  • お医者さんだから安心
  • 保険が適用されると費用負担が少ない
  • 自分の生活パターンで対応可能
  • 恥ずかしさがない
  • 交通費などが不要
デメリット
  • 恥ずかしい
  • 通院する時間と交通費
  • 薬が強すぎる時があっても、それを医師に言いにくい
  • 保険適用されない場合には高額な費用がかかる
  • 効果があるかどうか心配
  • 素人治療で別の問題がでるかも
  • 高価な商品であれば経済的に続かない

いかがですか? 信頼できる良心価格の美白ケア商品を見つけることができれば、デリケートゾーンを自宅でケアする選択肢も「有り」だということはわかりますね♪

このページの先頭へ