MENU

誰にも言えない! 乳首が黒いなんて・・。 ホスピピュアで解決!

なぜ乳首や乳輪が黒くなるの?

「乳首が黒い女子は遊び人!」 残念ながら、こんな根拠のない、無責任で幼稚な都市伝説を信じている男子は少なくないのです。
乳首や乳首の周りの乳輪が黒くなる理由や原因は沢山ありますが、一番一般的なのは、妊娠することによるホルモンの変化です。
赤ちゃんの視力は月年齢が経過するにしたがって鮮明になっていきますが、生まれたての頃から生後2か月位になるまでは、霞がかかったようにぼんやりした映像ですので、はっきりとお母さんのオッパイの位置が分かるように、乳首や乳輪が黒くなるのだとする大真面目な説があるほどに、どんなに美しいピンク色の乳首を持っていたお母さんであっても、お腹に赤ちゃんを宿した妊娠中期前後から、母となる準備の一つのサインとして、かなり強めの艶を帯びた黒色の乳首と乳輪へと変わっていきます。
そして一旦、妊娠によって黒くなった乳首や乳輪は、たとえ赤ちゃんが離乳期になったとしても、昔のようなピンク色の乳首に戻ることはありません。
そして、乳首や乳輪が黒くなる原因で次に多いのが、ブラジャーの化学繊維と汗ばんだ肌や乾燥した肌がこすれて黒ずんでくる場合です。
こういった接触や擦れが原因で起こった色素沈着の場合には、色素沈着を防ぐビタミンCを潤沢に、サプリや食品などで身体に取り入れながら、美白クリームを乳首や乳輪に継続的に塗っていくことで黒ずみを薄くすることができます。
つまり、ホルモンが原因なのか、皮膚への外的な刺激や損傷行為が原因なのかで効果が期待できる商品が分かれるというのが今までの乳首美白ケアの基本的なアプローチでした。

 

まだある? 乳首や乳輪が黒くなる原因!

乳首や乳輪が黒くなってしまった原因の中には、ホルモンが原因でそうなった場合と、バストがスポーツや暑気で汗ばんでしまい、汗とブラとの摩擦や汗成分の肌への刺激などの外的要因で皮膚角質層のさらに下の層で作られるメラニンによって色素沈着が起こり、結果として乳輪が黒ずんだり、乳首が黒ずんだりすることもあります。
色素沈着とはメラニンが皮膚下に発生して残る状態のことを言うのですが、メラニンは本来、肌を紫外線などの外的な刺激から肌を守るために存在する色素細胞であり、通常は肌脂肪の代謝サイクル機能によって自然に代謝されて消えていくものです。
ですが、ストレスや体調の変化などでホルモンや代謝機能のサイクルが乱れると、その肌ターンオーバーのサイクルも乱れてしまうので、色素沈着してしまったお肌の代謝サイクルも遅れがちになってしまうのです。

 

わずか5秒で美乳を手に入れる?ホスピピュアにお任せ!

ホスピピュアは、90人の皮膚の専門家が在籍する湘南美容外科の監修で開発製造された徹底美白を目的とした薬用美白クリームです。
巷によくある漂白成分などは一切含まれておらず、厳選天然成分をたっぷり配合した美白クリームですから、乳首や乳輪の美白だけでなく、バスト全体をプルプルの美肌に導いてくれる嬉しい効果が期待できます。
もちろん、バストだけでなく、黒ずんでしまったお尻の下あたり、ひじ、ひざ、Vラインの色素沈着ケアにもお使いいただけます。
お風呂あがりに、ホスピピュアをバストトップからバスト全体に塗布するだけ、わずか5秒間のケアで、ぷるぷるのきれいなバストトップを取り戻しましょう!

 

ホスピピュア利用者の声

このページの先頭へ